会社概要

会社情報

会社名 見山製紙工業株式会社
所在地 〒567-0055 大阪府茨木市宿川原町13番8号
電話・FAX TEL: 072-640-6008   FAX: 072-640-6009
創業 1952年12月
資本金 7000万円
業務内容 ・各種板紙の販売
・オフ加工、断裁加工、倉庫保管業務
・不動産管理
・各種包装、検品作業
役員構成
代表取締役社長 梅木一正
常務取締役 長栄博行
取締役工場長 北村与一
執行役員営業課長 代谷純宏
相談役 草村健造
監査役 梅木忠亮
従業員 38名(2018年5月現在)
工場敷地面積
1500坪(敷地) 4,950㎡
850坪(建坪) 2,772㎡
取引金融機関 りそな銀行(茨木支店)
日本政策金融公庫(大阪支店)

交通案内

電車でお越しの場合

JR京都線 茨木駅よりバス・タクシーで約20分
※バスでお越しの場合、「郡山団地行き」又は「阪急石橋行き」バスに乗車して頂き、宿川原バス停にて下車して下さい

お車でお越しの場合

名神高速 茨木ICより約5分(国道171号線 神戸・箕面方面)
※斜め向かい側(対向車線側)に西濃運輸茨木支店があります
マップを印刷する

沿革

昭和21年 茨木市車作で清水一男氏個人企業で始める
昭和26年 見山電気利用農業協同組合を組織し、水力発電並びに製紙事業を開始
昭和32年 2号抄紙機 ※昭和34年には3号抄紙機を増設
昭和36年 摂津市鳥飼に工場敷地を買収しモールドトレイ製造工場を建設し、全農の指定の工場としてトレイを製造
昭和49年1月 1月内装ライナー、白ライナーに転抄
昭和58年 2号機増設
昭和62年8月 1号機を廃棄しウルトラフォーマーを導入、同時に塗装設備を併設し美装段ボール専抄とする
平成14年2月 ダム建設の為発祥の見山工場閉鎖、茨木市宿川原町に加工・在庫拠点として用地を取得
平成14年5月 鳥飼工場2号機を廃棄し、新たに小林製作所製多様化対応白ライナー・ボール専抄マシンを設置
平成15年5月 休止していた1号機を大幅に改修し美粧Cライナー専抄として稼動
平成15年12月 鳥飼工場の操業を停止し原紙製造事業から撤退
平成16年 富士製紙と大和板紙の両社から原紙供給を受け加工販売に特化
平成16年10月 不動産部 レ・コンフォルト管理 開設
平成18年7月 ISO9001認証取得
平成19年 ボビン機を撤廃
平成20年5月 倉庫保管業資格を取得、業務開始
平成22年9月 ISO14001認証取得
平成23年6月 自動包装機を撤廃
平成24年5月 FSC(R)/COC認証取得(FSC(R)-C111226)
平成25年3月 太陽光発電システム(容量49kW)設置
平成25年10月 2号機移設、新1号機導入と共に1号機撤去
平成28年7月 仕上げ検査場を更新(連包装機設置、目視検査場設置)
断裁加工機2台更新、オート給紙機、オートスタッカーを設置
平成29年9月 既存工場に併設して、新建屋を増設
1F 断裁加工部門(食品衛生、防虫対策完備)
2F 事務所、福利厚生施設
平成30年4月 断裁加工部門2号機へオート給紙機を設置