断裁部門

■ 断裁設備紹介
断裁部門では、小ロット、多品種の台紙を加工しています。
食品関連の当板から紙袋の底板・アルバムの背表紙、板目表紙等、
4面化粧断ちを行う事で、紙粉を出さず、寸法精度にも優れた加工を行っています。
→防虫対策・衛生管理
断裁機
メーカー

株式会社勝田製作所

主加工
  • 食品用当板
  • 台紙(袋用途、板目表紙)
  • 合紙加工(アルバム台紙)


特徴
  • 包装、結束、ケース梱包も対応します。
  • ご要望に応じて、角丸製品、罫線入り製品の加工が出来ます。
  • 厚物製品、食品用途台紙は4面化粧断ち加工を
    行います。
  • オート給紙機、オートスタッカーの導入により、紙折れ、紙捲れの混入はありません。

スペック紹介
断裁マシン 断裁1号機 断裁2号機 断裁3号機
坪量(g/㎡) 30 ~ 2000
最大寸法(mm) 1160 1370 1370
最小寸法(mm) 40 40 40
サブ加工機
オート給紙機
オートスタッカー
角落機
 角丸機
自動罫線隅切機
自動罫線機

電動式ハンドリフト
食品衛生管理上、外部からの粉塵対策としてフォークリフトの侵入を禁止しております。
ウォーキー 電動フォークリフト
自動搬送機 AGV使用